カンボジアへの教育支援活動
コウズにできる社会貢献の一環として
今後も積極的に取り組んでいきたいと考えています

Scroll

カンボジアへの教育支援活動CSR

カンボジアにおいて、CIESF(シーセフ)という公益社団法人を通して教育支援事業に参画しています。ご存知の方も多いかと思いますが、カンボジアには過去にクメール・ルージュという政治勢力の方針により知識層の人たちが迫害を受けた歴史があり、その迫害によって教育システムが根本的に崩壊してしまいました。
そこからの教育的復興が必要であるということで、世界の各国から教育支援の手が差し伸べられています。株式会社コウズもこのCIESFが行う支援事業に賛同し、当初は寄付金を拠出する形で参画をしてきました。
支援の成果によって学校はできましたが、次に必要なのは教育を安全に受けられる環境です。カンボジアでは通学に1時間や2時間を要することが珍しくなく、しかも道中には犯罪に巻き込まれるリスクが依然としてあります。そこで通学のためのバスの購入支援を行い、学校に安全かつ快適に通うことができる環境づくりをしました。
こうした活動に関する情報は社内でも共有しており、私たちが当たり前のように受けられる教育や安全な生活環境が決して当たり前ではない国があり、私たちは恵まれた環境で仕事ができるという事実に気づき、感謝できる機会にもなっています。
今後は、社員も同行して現地を見て、感じる機会を設ける予定です。その経験を通じて、日本にいる私たちに何ができるか、何をするべきかという気づきの機会になればと思っています。
日本では少子高齢化が進み、その一方でアジアでは若い力が教育を必要としています。カンボジアの第二公用語が日本語であることはあまり知られていませんが、そんな国の若い人たちが日本からの支援で学び、将来日本で活躍できるような道筋を作ることには、カンボジアだけでなく日本にとっても意義のあることだと思います。
企業の社会的責任が重視される昨今において、コウズにできる社会貢献の一環として、今後も積極的に取り組んでいきたいと考えています。